売れるお金・コイン

夏目漱石1,000円紙幣とは?価値と買取相場

皆さんは夏目漱石1000円紙幣を御存知でしょうか。

夏目漱石1000円紙幣はD号券とも呼ばれ、1984年から2007年にかけて流通した1,000円紙幣です。

夏目漱石1,000円紙幣は今でも使える現行貨幣ですが、状態が良いと高値での買取が期待できます。

 

今回はそんな夏目漱石1000円紙幣の歴史や価値などを中心に説明していきたいと思います。

夏目漱石ってどんな人なの?

夏目漱石は夏目漱石1000円紙幣に印刷されるほどなので日本にとって有意義な偉業を達成した人物です。

それでは一体どんな偉業を達成したのでしょうか?

 

夏目漱石といえば【吾輩はねこである】などで有名な作家ですよね。

そんな夏目漱石の生涯を追っていきましょう。

夏目漱石の誕生

夏目漱石は1867年に武蔵国江戸牛込馬場下横町で生まれました。

父はかなりの権力者で生活も豊かであったといいます。その後小学校を転々とした後12歳で東京府第一中学正則科に入学しました。

その二年後には退学して英語を学ぶために神田駿河台の英学塾成立学舎に入学したそうです。

正岡子規との出会い

1889年には夏目漱石に大きな影響を与えた学友正岡子規に出会い、漢文や漢詩の才能を磨きました。

正岡子規は夏目漱石の親友としても知られ、正岡子規がなくなるまでその交友関係は続いたといいます。

英語教師となる

1893年、漱石は帝国大学を卒業し、高等師範学校の英語教師になりました。

しかし、すぐに教師をやめ文学の道で名声を上げるようになっていきます。

その後1900年に漱石はイギリスに留することになるのです。イギリスでは楽しく過ごしていたものの、精神的に不安定だった夏目漱石は発狂。日本に帰ることとなりました。

夏目漱石の作品

こういった不安定な精神ながら漱石は数々の文学作品をかきあげていきます。

帰国後1903年には第一高等学校と東京帝国大学の講師になります。しかし教師生活の中でも漱石は神経衰弱に陥り、その緩和目的で処女作である【吾輩はねこ】であるを書き上げるのです。

 

それが文壇で高く評価され、漱石は文学で生きていくことを志すようになっていきます。

【坊っちゃん】や【倫敦塔】などの名作をどんどんかきあげていき、ついに漱石は人気作家となっていったのでした。病気と精神衰弱に悩まされながらも漱石は次々と名作をかきあげていき、1916年【明暗】を執筆中に死去してしまいました。

夏目漱石は人間的で、精神的に脆い人でしたが日本の文学界に非常に貢献した人物として彼の生き様、小説などは今も深く語り継がれているのです。

 

夏目漱石1000円紙幣の価値はどのくらいなの?

夏目漱石1,000円紙幣は現在も使用可能です。

つまり価値は基本的には1000円となります。

夏目漱石1,000円紙幣の中には高額で買い取ってもらえる紙幣があることをご存知でしょうか。

 

それはミスプリントと呼ばれる種類の紙幣や、珍番号紙幣などです。ミスプリントというのは、紙幣を印刷する段階で何らかの事故が起こり、正常に印刷されなかった紙幣のことを指します。

また、珍番号というのは、紙幣の発行番号がゾロ目であったり階段状であるなど、特殊な番号であることを指します。こ

れらの紙幣についてはかなりの高額で買い取ってもらえる傾向にあります。

夏目漱石1000円紙幣はどこで売ればいいの?

夏目漱石1,000円紙幣を売却したいなら、古銭取り扱いショップやインターネット上のオークションサイトやフリーマーケットサイトなどを利用するという方法が挙げられます。

それぞれのサービスにはメリットとデメリットがあるので、そこは気をつけなくてはならない点です。

 

例えば、古銭取り扱いショップのメリットとしては、その場で鑑定してもらうことができることや、その場で買い取ってもらうことができることなどの手軽さ、信用性があります。

実際に古銭の価値に全く知識がない方でも古銭取り扱いショップに行けば正確にその価値がわかることが多いと言えます。

 

一方、デメリットとしては実際に足を運ばなくてはならない点や、店舗によって買取価格にばらつきがあるので一番高く買い取ってもらうにはいくつかのショップを回らなくてはならないなど、労力がかかる点です。

実店舗がないけれど、古銭の買取を行っている業者であれば出頭査定や宅配査定などもおこなっていますので上手に利用をしてみましょう。

ポイント

オークションやフリーマーケットサイトを利用する場合も出品前に買取査定額を知っておくためにも、査定依頼することをおすすめします。

注意ポイント

オークションサイトやフリーマーケットサイトを利用する場合は手数料なども考えて利用するようにしましょう。

夏目漱石1000円紙幣 まとめ

夏目漱石1000円紙幣一つをとっても様々な歴史がその裏には隠されているのですね。

古銭を手放すことを考えた場合、どの方法を使う場合も専門の鑑定士による価値に確認をすることをお勧めします。

当サイトでご紹介をしている古銭買取業者は無料で査定ができますので、まずは査定をおこなってお手持ちの古銭の価値を確認してみましょう。

 

 

-売れるお金・コイン

Copyright© 45KARAの , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.