売れるお金・コイン

1円銀貨とは?価値と買取相場

一円銀貨というものを知っていますか?

明治時代に流通した日本の銀貨です。

実はこの銀貨、海外などでの使用実績もあり、貨幣の歴史を語る上で非常に面白い役割を果たしている銀貨なんです。

一円銀貨というものはどういうものなのか、その背景や種類とともに現代における一円銀貨の価値について説明していきたいと思います。

 

一円銀貨って何?

一円銀貨は円銀とも呼ばれる明治時代に流通した銀貨です。

発行当初は対外貿易専用銀貨という、外国への貿易をするための銀貨として使用されており、中国や台湾に広く流通しました。

1871年の新貨条例によって作られ始めたと言われている銀貨です。

 

また、貿易先や用途によって数種類のサイズがあり、コレクターの間でも人気の高い銀貨となっています。

日本で流通が始まったのは1878年からで、当時の日本は金本位制でしたが、金の不足により金から銀への交換が盛んになったことが主要因となっているようです。

しかし金から銀への交換が盛んになりすぎたこともあり、日本での一円銀貨の流通は二十年ほどで禁止されてしまいました。

一円銀貨の種類について

一円銀貨には大型一円銀貨と小型一円銀貨の2種類に大別されます。大型一円銀貨と小型一円銀貨の金銀の比率や重さに差はありませんが、小型のほうが0.5ミリほど小さいのが特徴です。また、贋作も広く出回っており、重さや材質などで見分けることができるものもあります。

大型一円銀貨

大型一円銀貨は1887年までに発行されたものです。

大型一円銀貨については直径38.6mm、品位銀900/銅100、量目26.96gとなっています。

小型一円銀貨

1887年から発行されたものが小型一円銀貨です。

小型一円銀貨については直径38.1mm、品位、銀900/銅100、量目26.96gだとされています。

一円銀貨の現在における価値について

現在における一円銀貨は、額面から考えると非常に高い価値にあると言って良いでしょう。

価値の大きな目安としては発行年が古ければ古いほど価値が上がると考えていただいて構いません。

 

例えば明治7年の初期に発行された大型一円銀貨では買取価格が500,000円を超えることもありますが、明治20年にもなると70,000円台の買取価格に落ち込みます。

また、小型一円銀貨においては明治20年のものは40,000円台、大正3年のもになると10,000円台と大きく落ち込んでしまいます。

 

しかしながら、一円銀貨の額面から考えると高い買取価格になることには変わりないでしょう。

 

また、年代にかかわらず高い買取価格を誇る一円銀貨もあります。それはエラーコインと呼ばれる種類のコインで、通常の発行では起こり得ないようなミスが起こった際に発生します。

例えば一円銀貨の彫刻がずれてしまっているものや、角度がおかしいものなどがエラーコインに当たります。

こういったエラーコインと呼ばれるコインは特別なプレミアとしてかなりの高値で取引される傾向にあります。また、この一円銀貨はすでに通貨としての役割を終えてしまっているため、贋作を作ること自体は犯罪にはなりません。そのためコレクター向けの贋作も多数出回っています

贋作自体にもそこそこの価値があるのですが、一円銀貨が贋作かどうかは専門の人に鑑定してもらう必要があります。

一円銀貨を売りたいならどうすればいいの?

一円銀貨が手元にあり、売却を希望しているなら古銭取り扱いショップやインターネット上のオークションサイトやフリーマーケットサイトなどを利用するという方法が挙げられます。

それぞれのサービスにはメリットとデメリットがあるので、そこは気をつけなくてはならない点です。

例えば、古銭取り扱いショップのメリットとしては、その場で鑑定してもらうことができることや、その場で買い取ってもらうことができることなどの手軽さ、信用性があります。

実際に古銭の価値に全く知識がない方でも古銭取り扱いショップに行けば正確にその価値がわかることが多いと言えます。

一方デメリットとしては実際に足を運ばなくてはならない点や、店舗によって買取価格にばらつきがあるので一番高く買い取ってもらうにはいくつかのショップを回らなくてはならないなど、労力がかかる点です。

実店舗がないけれど、古銭の買取を行っている業者であれば出頭査定や宅配査定などもおこなっていますので上手に利用をしてみましょう。

 

オークションやフリーマーケットサイトを利用する場合も出品前に買取査定額を知っておくためにも、査定依頼することをおすすめします。

オークションサイトやフリーマーケットサイトを利用する場合は手数料なども考えて利用するようにしましょう。

ポイント

一円銀貨の状態も買取価格に強く影響してきます。きちんと保管された美品と並品では買取価格にかなりの差がついてしまいます。もし見つけたなら傷や汚れがつかないように工夫して保管しておくのが大切です。

一円銀貨まとめ

一円銀貨が当初は海外との貿易のために作られた銀貨であったこと、そして後に国内でも使われ、金貨と交換する目的で流通したことなど、日本が海外と貿易をする上で大きな役割を果たした銀貨であったことがおわかりいただけたでしたでしょうか。

硬貨一つとってもその背景には様々な歴史が詰まっていますね。

 

古銭を手放すことを考えた場合、どの方法を使う場合も専門の鑑定士による価値に確認をすることをお勧めします。

当サイトでご紹介をしている古銭買取業者は無料で査定ができますので、まずは査定をおこなってお手持ちの古銭の価値を確認してみましょう。

 

-売れるお金・コイン

Copyright© 45KARAの , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.