ペット

愛犬の手作り食 作る前にメリット・デメリットを確認しよう。

愛犬の健康を考える上で毎日の食事は外せません。

最近は、愛犬と一緒に食事やお茶を楽しめるレストランやホテルなども増えていますよね。

一緒にいられるだけでなく、きちんと犬用の豪華なときフルコースやケーキなども用意されていたりします。

これらの手作りのご飯は見た目も綺麗ですし材料も安心。

インターネットを見てもたくさん紹介されていますし、家でも手作りのご飯を食べさせてあげたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

ただもちろん何でも作れば良いわけではなく、手作りのごはんにはメリットもデメリットもあります。

「とりあえず作ってみる」前に一度お読みいただいて参考にしてみてくださいね。

愛犬のごはん 手作り食のメリット

まず、愛犬のごはんを手作りするメリットをあげてみましょう。

食材を選ぶことができる

どんな食材でも、新鮮な食材を自分で選んで使う事が出来るので安心ですよね。

好きなものが選べるので愛犬と同じものを一緒に食べることも可能です。

アレルギーなどに対応しやすい

どんな犬でも、アレルギーを起こす可能性があります。

花粉症のように去年まで大丈夫だった食べ物のでも、急にアレルギーが出てしまうような可能性もあるのです。

また、目に見える反応がなくても体内では弱いアレルギー反応を起こしていることもあります。

アレルゲンが分かれば、それらの原因食材を避けることができます。

このような合わない食材を避けることで、今まで体が弱いと思っていた子が元気になることもあります。

添加物などの心配がない

まさかソーセージやハムなどを買ってきて犬のごはんを作り手作りごはんだと満足される方はいないと思います。

きちんと素材から調理すれば、当然加工食品などに含まれる添加物の心配はありませんよね。

アレンジ次第で犬と飼い主が同じメニューを楽しめる

もちろん人と犬では必要な栄養素も嗜好も違いますので、全く同じものというわけにはいきませんがある程度メニューをおそろいにすることは可能です。

味付けや犬の食べてはいけない食材には気をつけてくださいね。

愛犬のごはん手作り食のデメリット

良いことだらけのように感じる愛犬の手作りごはん。

でも、デメリットもあるのです。

栄養バランスが崩れやすい

これが一番の問題ですね。ヒトと犬は必要な栄養バランスが違います。

お料理上手な方ほど普段の認識とは全く異なった食事を作らなければいけないかもしれません。

また栄養は取れば良いというものではなく、取りすぎるとかえって危険なものもあります。

ナトリウム(塩)は必要なミネラル分ですが、取りすぎると危険な最も分かりやすい例ですよね。

もちろん塩だけでなく、脂溶性ビタミンや、鉄、カルシウムなど不足しても過剰に摂取してもいけない栄養素はたくさんあります。

ほとんどの犬はヒトより体重が軽いですよね。そうなると摂取できる許容範囲も狭くなります。しっかり考えずに手作りのごはんを与えていれば、栄養バランスが乱れてしまうのは当然と言えます。

コストがかかる

犬の主食はお肉です。

もちろんお安い鶏胸肉なども食べてくれますが、愛犬の栄養を考えると毎日鶏胸肉というわけにはいきません。

また、ミンチなども脂肪が多く含まれていることが多いためおすすめはできません。

できれば赤身の牛肉はもちろん、栄養豊富なラム肉や鹿肉なども積極的に取り入れたいところです。そうなると必然的にコストは上がってしまいますね

手間がかかる

調理の手間はもちろんですが、その前に勉強しなくてはいけないことがたくさんあります。

与えてはいけない食材の把握はもちろんのこと、必要な栄養素を学んだり、カロリーの計算も行わなくてはなりません。

必要な栄養素が含まれる食材や、栄養を損なわない調理方法などもきちんと覚えなければいけませんね。

また、犬によって必要なカロリーや栄養素の量などは様々ですので、各犬に応じたメニューを考える必要があります。

そうなると愛犬にピッタリのバランスが見つかるまで体調や体重の変化、毛のツヤやフンなどをこまめにチェックして経過を見なければいけませんね。

保存が難しい

手作りごはんには保存料などが入っていないため日持ちしません。

作り置きをする場合も冷蔵・冷凍保管が必要で、意外とかさばるものですので、冷蔵庫や冷凍庫のスペースと相談が必要になります。

また常温で持ち歩くことができませんので旅行など長期外出する場合には適しませんね。

まとめ

栄養バランスの偏りなどで愛犬の健康を損なうのであれば、何のための手作りごはんだか分からなくなってしまいます。

せっかく手作りのごはんを作るのであれば、インスタ映えや自己満足のためではなく、しっかり勉強して愛犬の体が満足するものを作ってあげてください。

また、食事は毎日のことですので、ムリをしないということも大切です。

手作りごはんと、ドッグフード。どちらとも上手に付き合って愛犬にぴったりのバランスを見つけてくださいね。

-ペット

Copyright© 45KARAの , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.