売れるお金・コイン

天保通宝とは?価値と買取相場

天保通宝は江戸時代から明治時代にかけて日本国内で流通していた小判型の硬貨です。

そこで今回はそんな天保通宝についてその歴史や種類、そして価格などの観点から説明していきたいと思います。

 

天保通宝ってどんな硬貨なの?

天保通宝は1835年ほどから鋳造され、江戸時代から明治時代にかけて流通していた貨幣です。

形状は小判型の楕円で、古銭によくあるデザインの中央に正方形の穴が空いていました。

天保銭という異名をもっている硬貨でもあります。

表面には天保通寳、裏面には當百と彫り込まれています。

主たる材質は銅でその重さはやく20.6グラムほどであったと言われています。

貨幣価値としては一枚で100文であるとされていましたが、実際の運用は80文ほどで運用され、経済的に混乱をきたした原因となってしまった硬貨であることでも知られています。

実際にこの天保通宝に関しては偽造硬貨も多く見つかりました。

この天保通宝の贋作に加え、時代によっても少しずつデザインや仕様が違うため、コレクターの間でも人気のあるコインとなっています。

天保通宝の種類と価値ってどれくらいなの?

天保通宝は幕府が公式に鋳造したものとそうでないものがあります。

幕府が公式に鋳造したものは4種類あると言われており、これら4つは書体の違いによる区別が必要になります。

また、天保通宝には天保通宝量産のための型となるプロトタイプ的な天保通宝がそれぞれ存在しており、それを母銭と呼びます。

この母銭と呼ばれる天保通宝は通常の通用銭と呼ばれる天保通宝に比べて遥かに高い金額で取引がされているようです。

本座長郭

4種類の天保通宝のうち最初に紹介するのは本座長郭という種類の天保通宝です。

1835年ほどに製造開始され、中心の穴のまわりの縁取りの幅がほかの天保通宝と比べて異なることが一つの大きな特徴です。

また、他の天保通宝に比べ縁取りの左右が縦長となっているといった特徴があります。

売却価値は母銭が80,000円ほど、通用銭は1,000円ほどの買取価格になるようです。

本座細郭

次は本座細郭と呼ばれる天保通宝です。

1835年ほどに製造開始され、大きな特徴としては縁取りの幅が細くなっていることなどが挙げられます。

売却価値は母銭が130,000円ほどと非常に高額です。これは発見された母線の数が少ないことに由来するそうです。

また、通用銭は1,000円ほどの売却価値だそうです。

本座広郭

本座広郭と呼ばれる天保通宝は、1845年に発行され、縁取りの幅が広く太いといった特徴を持っています。

母銭の買取価格は50,000円ほど、通用銭は1,000円ほどだそうです。

最後に本座中郭をご紹介します。発行年は一番遅い1866年で、縁取りの幅が、長くも細くも広くもないものを指します。

この中途半端さ故に未だに母銭は発見されておらず、その売却価値も例がないため不明となっておりますが、今までのどの種類の天保通宝より高額になることが見込めます。

また、通用銭の買取価格も10,000円ほどとほかの通用銭と比べても10倍近くの価値があるものとして認められています。

また、どの古銭についても言えることですが古銭でもその保存状態によって価値は大きく変わってくるものです。もし発見したらそれ以上傷つけたり汚したりすることがないよう気をつけなくてはなりません。

天保通宝はどこで売ればいいの?

古銭の売却を希望しているなら古銭取り扱いショップやインターネット上のオークションサイトやフリーマーケットサイトなどを利用するという方法が挙げられます。

それぞれのサービスにはメリットとデメリットがあるので、そこは気をつけなくてはならない点です。

例えば、古銭取り扱いショップのメリットとしては、その場で鑑定してもらうことができることや、その場で買い取ってもらうことができることなどの手軽さ、信用性があります。

実際に古銭の価値に全く知識がない方でも古銭取り扱いショップに行けば正確にその価値がわかることが多いと言えます。

一方デメリットとしては実際に足を運ばなくてはならない点や、店舗によって買取価格にばらつきがあるので一番高く買い取ってもらうにはいくつかのショップを回らなくてはならないなど、労力がかかる点です。

実店舗がないけれど、古銭の買取を行っている業者であれば出頭査定や宅配査定などもおこなっていますので上手に利用をしてみましょう。

オークションやフリーマーケットサイトを利用する場合も出品前に買取査定額を知っておくためにも、査定依頼することをおすすめします。

オークションサイトやフリーマーケットサイトを利用する場合は手数料なども考えて利用するようにしましょう。

天保通宝まとめ

天保通宝には様々な種類があり、母銭と通用銭で大きく価値が異なることをおわかりいただけましたでしょうか。

このように昔の貨幣一つをとっても様々な時代背景、歴史が見えてくるものです。

古銭を手放すことを考えた場合、どの方法を使う場合も専門の鑑定士による価値に確認をすることをお勧めします。

当サイトでご紹介をしている古銭買取業者は無料で査定ができますので、まずは査定をおこなってお手持ちの古銭の価値を確認してみましょう。

 

-売れるお金・コイン

Copyright© 45KARAの , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.