ヨガとからだ

生理中でもホットヨガはできる。無理のない動きでヨガをしよう。

女性として避けることができない「生理」。

心も身体の不安定になりますが、こんな時こそホットヨガでスッキリして心と身体を落ち着かせましょう♪

ホットヨガは生理中でもできます。

むしろ生理中に積極的に行ったほうが、生理通の緩和にもつながるそうです。

無理のない範囲で生理中でもホットヨガに参加をしてみましょう。

辛い生理痛を緩和させるホットヨガ

生理中にホットヨガってちょっと気持ち悪い感じしますよね。

生理中に汗だくってなんだか嫌な気がしますが、実はホットヨガは生理痛をやわらげてくれる効果もあるので可能であれば生理中でも参加するのが良いそうです。

生理痛を和らげるポイントは「血のめぐり」なんです。

生理痛の原因は色々ありますが、原因としてあげられるのは冷えとストレスです。

体の冷えは血液のめぐりが悪くなり、それが原因で子宮の収縮が過剰となり下腹部の痛みや腰痛が出てしまいます。

また、体全体の血液のめぐりが悪くなることで頭痛も生じてしまいます。

ストレスも血のめぐりを悪くしてしまう原因になります。

 

ホットヨガは体を温めることができるので、血のめぐりが良くなり生理痛がやわらぐことが分かります。

ホットヨガLAVA(ラバ)でも生理中の参加OK

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)では生理中のレッスンや岩盤浴の利用は基本的に問題なし。

むしろ、生理痛を緩和したり、気持ちをすっきりとした効果があるので利用されることをお勧めされています。

実際にレッスン中に生理中は控えた方が良いポーズ(逆流するようなポーズ)の場合は、インストラクターの方から「生理中の方はポーズをとらないでくださいね」というような案内があります。

案内がないとしても、あ、やだな。と思うポーズがあったら休憩しておけばOKです。

生理中のホットヨガ こんな受け方がお勧め

生理中でもホットヨガをすることはできますが、やっぱり気になるし嫌だな。という方も多いと思います。

無理をする必要はないので、生理中はお休みしてもいいと思います。

ただ、生理期間が長い場合ホットヨガに行けない日が多くなってしまいますので、量の多い日はお休みして、少なくなってきた3日目あたりからレッスンに参加をするのもお勧めです。

そして、できるだけ強度の低いレッスンを受けることをお勧めします。

強度の強いレッスンはどうしても動きが激しくなりますので、身体にも負担がかかり、そして漏れないかなど気になってしまいますよね。

生理中のホットヨガは「体を鍛える」のではなく「体を安める」ために行く感覚で参加をすると良いですよ♪

生理中のホットヨガ ナプキン?タンポン?シャワーはどうする?

生理中のホットヨガで気になることは漏れですよね。

強度の低いレッスンでもある程度の動きはありますので、漏れ対策はきっちりしておきましょう。

経血の量にもよりますが、ナプキンやタンポン、それらの併用、パンツの下にショート丈のスパッツを利用しても良いと思います。

 

もっと快適にしたいという場合には月経カップなど使ってみてはいかがでしょうか?→装着して最大12時間までの使用が可能

 

シャワーの利用は意見が色々あると思いますが、後の方が不快にならないような使い方をしましょう。

シャワーの時にナプキンやタンポンの取り換えをすると、シャワー室を汚す可能性もあるのでシャワーを浴びずに帰ってもいいのではないかと思います。

生理中でもホットヨガは可能です。無理なく受けて、不快な生理の症状を楽にしましょう。

-ヨガとからだ

Copyright© 45KARA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.