お金あれこれ

皇朝十二銭(こうちょうじゅうにせん)とは?価値と買取相場

みなさんは皇朝十二銭と呼ばれる古銭についてご存知でしょうか。

708年から963年にかけて、日本で製造されていた12種類の銅銭のことをさします。

今回はこの皇朝十二銭の歴史や種類、またその価値について深堀りしていきたいと思います。

高価買取も期待ができる古銭です。手持ちの古銭が皇朝十二銭の可能性もあり!ぜひ確認をしてください。

皇朝十二銭とはどんな古銭なの?

皇朝十二銭とは708年から963年までの間に作られた12種類の古銭の総称です。

画像引用:平塚市博物館

別名では本朝十二銭、皇朝十二文銭とも呼ばれています。

和同開珎
708年発行
万年通宝
760年発行
神功開宝
765年発行
隆平永宝
796年
富寿神宝
818年
長年大宝
848年
饒益神宝
859年
貞観永宝
870年
寛平大宝
890年
延喜通宝
907年
乾元大宝
958年

 

以上の十二種類の硬貨を合わせて皇朝十二銭と呼びます。

 

和同開珎の直径は24ミリメートル程度、中央には7ミリメートルほどの正方形の穴があき、表面には和同開珎の文字、裏面は無紋でした。

また、万年通宝は直径は24ミリメートルから25ミリメートルほど、表面には萬年通寳の文字がデザインされ、裏面は無紋の硬貨だったそうです。

その後の神功開宝、隆平永寳も同様の形状で、表面には神功開寳、隆平永寳の文字、その裏面は無紋であったそうです。

富寿神宝については直径が一ミリメートルほど小さくなり、23ミリメートルほどであったと言われています。

承和昌宝になるとその直径は更に小さくなり21ミリメートルほどにまでなってしまったと言われています。

更にその次の硬貨である長年大宝ともなるとその直径は20ミリメートルに、饒益神宝は19から20ミリメートルになるなど、新しい通貨になればなるほど通貨の直径は小さくなっていくことがわかります。

貞観永宝、寛平大宝、延喜通宝乾元大宝は19ミリメートルの大きさだそうで最終的にはこの19ミリメートル程度に落ち着いたことがわかります。

皇朝十二銭の価値はどのくらいなの?

皇朝十二銭の売却価格は直径はどのくらいになるのでしょうか。一つづつ見ていきたいと思います。

状態や相場にもよるのですが、和同開珎は1万円から約100万円ほどの買取価格であると言われています。

かなり値段間に幅がありますが、これは残存数の少なさや保存状態の良さなどが影響してきていると言われています。

 

皇朝十二銭最古の硬貨であることにより、状態も悪くなりやすいということです。

万年通宝に至っては5万円から10万円。神功開宝は1万円から5万円、隆平永宝は5万円円から10万円で取引されているそうです。

富寿神宝は5万円から10万円。承和昌宝は5万円から10万円の取引価格です。

 

取引価格に大きなが出てくるのは長年大宝の1万5千円から約90万円で、こちらも残存数の問題などが挙げられます。

 

そして驚くべきは饒益神宝で、なんとその買取価格は100万円から不明だそうです!

残存数が少なすぎることにより、ほとんど取引の事例がないようです。

 

その他の貞観永宝は10万円から50万円、寛平大宝は5千円から10万円。延喜通宝は1万円から50万円、乾元大宝5万円から10万円で取引されているようです。いずれの取引にせよ、硬貨の状態がかなり値段にダイレクトにきいてくるため、保管は厳重にする必要があるでしょう。

皇朝十二銭はどこで売れるの?

基本的に古銭の売却を希望しているなら古銭取り扱いショップやインターネット上のオークションサイトやフリーマーケットサイトなどを利用するという方法が挙げられます。

それぞれのサービスにはメリットとデメリットがあるので、そこは気をつけなくてはならない点です。

例えば、古銭取り扱いショップのメリットとしては、その場で鑑定してもらうことができることや、その場で買い取ってもらうことができることなどの手軽さ、信用性があります。

実際に古銭の価値に全く知識がない方でも古銭取り扱いショップに行けば正確にその価値がわかることが多いと言えます。

一方デメリットとしては実際に足を運ばなくてはならない点や、店舗によって買取価格にばらつきがあるので一番高く買い取ってもらうにはいくつかのショップを回らなくてはならないなど、労力がかかる点です。

実店舗がないけれど、古銭の買取を行っている業者であれば出頭査定や宅配査定などもおこなっていますので上手に利用をしてみましょう。

オークションやフリーマーケットサイトを利用する場合も出品前に買取査定額を知っておくためにも、査定依頼することをおすすめします。

古銭買取業者の査定は無料です。

皇朝十二銭 まとめ

いかがでしたでしょうか。

皇朝十二銭それぞれに様々な特徴があることがおわかりいただけましたでしょうか。

古銭を手放すことを考えた場合、どの方法を使う場合も専門の鑑定士による価値に確認をすることをお勧めします。

当サイトでご紹介をしている古銭買取業者は無料で査定ができますので、まずは査定をおこなってお手持ちの古銭の価値を確認してみましょう。

 

-お金あれこれ

Copyright© 45KARAの , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.