売れるお金・コイン

インディアンコインとは?価値と買取相場

みなさんはインディアンコインというものをご存知でしょうか。

インディアンが形度られたコインのことです。もしかしたらどこかのショップなどで見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回はそんなインディアンコインについて歴史やその価値などを中心に説明していきます。

 

インディアンコインってどんなコインなの?

インディアンコインはアメリカ政府発行のコインで、1907年から、1933年まで発行されていたコインです。

インディアンコインの表面にはインディアンの絵柄が掘られているのが特徴のコインです。

インディアンコインはペンダントやネックレスに加工されていることも多く、そのような形で目にしたことがある方もおられるのではないでしょうか。

 

実際にそのデザインの美しさからファッションの一部としても取り上げられていることが多々あります。

しかしながら、インディアンコインは発行年代によってはものすごい価値を生み出すものなのです。

今回はその価値についても説明いたします。

インディアンコインってどのくらいの価値があるの?

例えば、1913年から1914年に発行されたインディアンコインは80,000円から100,000円ほどの買取価格であるそうです。

また、1907年から1908年のものについてはなんと2,000,000円ほどの価値にもなるようです。すごいですよね。

しかしもっとすごいのは1933年のインディアンコインで、その希少価値から60,000,000円ほどの値段で取引されるようです。

また、現実的なインディアンコインとして10ドルインディアンコインは70,000円、5ドルインディアンコインは40,000円、2.5ドルインディアンコインは20,000円ほどの取引価格で取引されています。このように、インディアンコインは歴史的にも金銭的にも非常に人気のあるコインです。

インディアンコインってどうやって保存したらいいの?

インディアンコインの保存方法にも迷っている方が多いようです。

通常のコインケースに入れておくこともできませんし、どのようにしたら良いのでしょう。

コインは主に金属でできているので湿気などに弱いです。

また、空気に触れれば酸素と反応し変色の原因にもなるでしょう。

つまり、金属を変質させにくいような管理法でコインを管理すればよいのです。

では、どのような管理法が金属を変質させにくいのでしょうか。

 

その答えの一つとして挙げられるのはコインカプセルという代物です。

いろいろなコインのサイズにピッタリのコインカプセルが用意されているので、コインを一枚一枚管理したい方にも有用です。

プラスチック製のカプセルなので強度もあり壊れにくいです。

少し面倒な点としてはコインの大きさは色々あるので、それにあったカプセルを用意しなくてはならないことです。カプセルの直径や高さは0.5ミリ単位で用意されています。

少しリッチなコインカプセルになると、正方形でコインの変色を防止するためのウレタンシートがひかれているものなども存在します。

また、それほどお金をかけたくないという方に人気なのが紙ホルダーと呼ばれる、厚紙にコイン型の穴を開けたような形状のものです。

前述の正方形コインホルダーの紙版、安価版だと思っていただければ結構です。

 

一枚一枚が安いことが特徴として挙げられます。最後に挙げられるのはコインアルバムに保存することです。

コインを大量に保持している人には一つ一つ管理をするのは厳しいものがあります。

それ故、ビニール製のコインアルバムに簡易的に保存する方もいらっしゃいます。

 

また、あまりかさばらないので先述の紙ホルダーにコインを入れたままその上でコインアルバムなどに収納し、万全の対策を取るという方が多いです。

コインが大量になってきたらアルバムに格納することなども考えると良いでしょう。このように紙ホルダーと併用することでさらなる保存性を期待できます。

no image
kuzuha

続きを見る

インディアンコインはどこで売れるの?

売却を希望しているなら古銭取り扱いショップやインターネット上のオークションサイトやフリーマーケットサイトなどを利用するという方法が挙げられます。

それぞれのサービスにはメリットとデメリットがあるので、そこは気をつけなくてはならない点です。

 

例えば、古銭取り扱いショップのメリットとしては、その場で鑑定してもらうことができることや、その場で買い取ってもらうことができることなどの手軽さ、信用性があります。

実際に古銭の価値に全く知識がない方でも古銭取り扱いショップに行けば正確にその価値がわかることが多いと言えます。

 

一方、デメリットとしては実際に足を運ばなくてはならない点や、店舗によって買取価格にばらつきがあるので一番高く買い取ってもらうにはいくつかのショップを回らなくてはならないなど、労力がかかる点です。

実店舗がないけれど、古銭の買取を行っている業者であれば出頭査定や宅配査定などもおこなっていますので上手に利用をしてみましょう。

 

オークションやフリーマーケットサイトを利用する場合も出品前に買取査定額を知っておくためにも、査定依頼することをおすすめします。

オークションサイトやフリーマーケットサイトを利用する場合は手数料なども考えて利用するようにしましょう。

インディアンコイン まとめ

インディアンコインは発行された年代によって非常に高い価値を持つものがあるようですね。

しかしながら、少額のドル数のインディアンコインなら現実的な値段で手に入れることができそうです。

インディアンコインをお持ちで手放すことを考えた場合、どの方法を使う場合も専門の鑑定士による価値に確認をすることをお勧めします。

当サイトでご紹介をしている古銭買取業者は無料で査定ができますので、まずは査定をおこなってお手持ちの古銭の価値を確認してみましょう。

 

-売れるお金・コイン

Copyright© 45KARAの , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.