言葉

「すみません」と「すいません」の違いとは

誰かに謝らなければならないときに使う、「すみません」と「すいません」。

「すみません」と「すいません」は同じ言葉のように思われがちですが、二つの言葉の使い方を間違うと失礼になることがあります。

今回は、「すみません」と「すいません」の違いについてお伝えします。

「すみません」とは

「すみません」は、漢字では「済みません」「澄みません」と書きます。

「すみません」には

  • おわびをする
  • お礼を伝える
  • 誰かに物事をお願いする

の3つの意味があります。

おわびの意味「済みません」

「すみません」のもともとの意味は、「自分の気持ちがおさまらない」です。

「自分の気持ちがおさまらない」ときに、「気持ちが済みません」と言っていましたが、現在では「済みません」と相手におわびする言葉となりました。

お礼の意味「澄みません」

お礼を伝える「すみません」は、「澄みません」と書きます。

「お礼を伝えるには、このままでは不十分で気持ちが澄みません」とお詫びの気持ちと、相手への感謝の気持ちが混ざる言い方をしていました。

これが、現在では「澄みません」と相手にお礼を伝える言葉となりました。・誰かに物事をお願いする意味「すみません」
誰かに物事をお願いするときにも使う「すみません」は、「このようなことを頼んでしまい申し訳ありません」というお詫びの気持ちから生まれたものです。

「すいません」とは

「すいません」とは、もともとは江戸の方言でした。意味は、「すみません」と同じです。

しかし、「すみません」と違い、「すいません」は文章で使うことができません。

「すみません」が文語(ぶんご)であるのに対して、「すいません」は口語(こうご)であるためです。

文語とは

文語とは、「正式な文章で使う言葉」「正しい言葉」のことです。

標準語ともいわれます。辞書に掲載されている言葉です。

口語とは

口語とは、「ふだんの生活で、話すときに使う言葉」のことで、「話し言葉」ともいいます。

また、方言も口語です。

口語は、正式な言葉ではないため文章で使うことができず、辞書にも掲載されていません。

口語の例は、

「体育」(たいいく)を「たいく」
「雰囲気」(ふんいき)を「ふいんき」

など、このように日常会話で使われる言葉ですが、正しい表記ではないのです。

「すみません」と「すいません」の違い

「すみません」と「すいません」の違いは、

「すみません」

標準語、文語

正式な言葉であり、文章で書くことができる

  • 「すいません」
  • 話し言葉、口語

会話でのみ使われる言葉であるため、文章で書くことはできない
です。

「すみません」と「すいません」の違いまとめ

「すみません」と「すいません」の違いをお伝えしました。

「すみません」「すいません」は、どちらも

  • おわびをする
  • お礼を伝える
  • 誰かに物事をお願いする

という意味があります。

「すみません」「すいません」の違いは、

「すみません」は、標準語・文語であり文章で使うことができる。
「すいません」は、話し言葉・口語のため文章では使えない。
 
です。

書面や、メールなどでは「すみません」を使うようにしましょう。

また、目上の人との会話の際も「すいません」では失礼にあたってしまいます。
「すみません」と伝えるように心掛けた方がよいでしょう。

-言葉

Copyright© 45KARAの , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.